高齢者向け施設を検討する際、特定施設入居者生活介護として認可されているかは、選択する上での指標になります。

気配りが大切 介護で注意すべきポイント
気配りが大切 介護で注意すべきポイント

特定施設入居者生活介護という制度があります

日本は超高齢化社会と言われていて、それに伴い高齢者向け施設が年々増えています。利用する側としては選択肢が増えるのは良い事だと思いますが、知識がないとどのように選べば良いか分からず困ってしまいます。実際に、様々なタイプの高齢者向け施設を比べてみても、入居条件やサービス内容は細かく分かれているので、初めて知る人にとってはすぐに理解できないことも多いようです。

「特定施設入居者生活介護」というのをご存知でしょうか。長くてちょっと難しい言葉ですが、これは都道府県知事といった行政から認定された施設で受けられるサービスのことです。有料老人ホームといった施設が、行政から「特定施設」として認定されれば、入居者が入浴や食事、排泄のような日常生活を送るためのサポートやリハビリのような機能訓練を受けることができます。これにより、入居者は少しでも自立した生活ができる可能性が広がります。施設によりサービスの提供の仕方は異なり、施設内スタッフにより行われるものや、外部サービス業者が行うタイプがあります。いずれにしても、利用者の身体状況やどの程度の介護や支援が必要かによっても、費用は異なってきます。介護保険は適用されますのでその点は安心です。

このような、特定施設入居者生活介護の認可を受けている施設であれば、広告やパンフレットに「介護付き」「ケア付き」といううたい文句の表示を許可されています。ですので、高齢者施設を利用する際、合わせて生活する上での支援を受けたい場合は参考になるでしょう。

関連サイト

Copyright (C)2017気配りが大切 介護で注意すべきポイント.All rights reserved.