介護保険のおかげで在宅介護ではかなり助けられました。自分の為、家族の為にも介護保険はしっかり払いましょう。

気配りが大切 介護で注意すべきポイント
気配りが大切 介護で注意すべきポイント

介護保険はしっかり払おう

いくら介護保険で介護サービスが受けられるといっても、在宅介護となるとさすがに家族は大変です。私も在宅介護を経験したことがありますが、別にそんなに一日中見張っていないといけないわけではありませんが、ちょこっとの時間でも、やっぱり一人にして出かけるのは心配で、あまり出かけることができませんでした。なので、月に1〜2度あるショートステイの日が楽しみでした。

もちろん施設への入所も検討していて、在宅介護が始まる時に施設に入居の申し込みに行きました。しかし、待機者が100人ほどいるとのことでうちに回ってくるのはいつになるか全く見当がつきませんでした。覚悟を決めて在宅介護の望んだのですが、毎日ヘルパーさんや看護師さん、そしてお風呂屋さんが来てくれるなど、かなり精神的に助けていただきました。やはり介護は体力も使いますが、精神的なモノの方が大きいですので、誰かの助けがあるというのは本当に心強いです。

介護度が5だった為か、1年半ほどで入所の順番が回ってきました。しかし、入居の手続きに入ろうと思っていた矢先に亡くなってしまい、入所にはいたりませんでしたが、きっと家族と離れて生活するのが嫌だったんだろうなと思います。在宅介護はとても大変なものだろうと思っていましたが、介護保険制度のおかげでかなり助けられたと思っています。自分たちもいつかお世話になる可能性があるので、その時に自分も家族も困らないように、介護保険はしっかり払っておかないといけないなと思いました。

関連サイト

Copyright (C)2017気配りが大切 介護で注意すべきポイント.All rights reserved.