介護と向き合うためには若い世代が介護に理解を示し、皆で高齢者を支えるという自覚が大切です。

気配りが大切 介護で注意すべきポイント
気配りが大切 介護で注意すべきポイント

優しく介護と向き合うために

現代の日本は高齢化社会となっており、高齢者の数が年々増加しています。それに伴って介護を必要とする人も増えていますが、人出が中々たりないのが現状です。なぜなら若い人に対して高齢者の数がとても多いことや、核家族化が進み夫婦のみまたは一人暮らしの高齢者が増えているからです。そんな中、介護に疲れ果てた人のトラブルも増加しています。ではどうすれば優しく介護と向き合うことができるのでしょう。

介護と向き合うためには、若い世代がもっと理解を示すことが大切です。例えば同居して暮らす世帯の嫁が舅や姑の介護を一人で背負ってやっている、というパターンがあります。このような場合はやはり介護する側の夫婦間の協力が欠かせません。現代の男性はほとんどが毎日を仕事で費やしてしまい、両親の介護まで手が回らない人も多いのではないでしょうか。しかし介護には力仕事もありますし介護する側も誰かに話を聞いてほしいことがあります。また舅・姑と嫁は元々他人同士ですから、相手に言えないことも何かあるかもしれません。ですから、男性である夫や身近な家族や親族が介護に関わることがとても大切なのです。

また、どうしても身内で介護できない場合は無理をせず介護機関を頼るのも手です。その場合もプロに介護を丸投げするのではなく、家族が関わることで介護する側とされる側、皆に心のゆとりが生まれてきます。相手に優しく接するには心のゆとりが何より大切です。介護と向き合うには一人で無理をしないこと、若い世代が皆で高齢者を支えているという自覚が必要です。

関連サイト

Copyright (C)2017気配りが大切 介護で注意すべきポイント.All rights reserved.