介護の仕事につくひとが減っていくなかでその理由は何故なのか。どうしたら介護の仕事につくひとを増やせるのか。

気配りが大切 介護で注意すべきポイント
気配りが大切 介護で注意すべきポイント

みんなが思う介護のイメージとは

介護の仕事につくひとが年々、減っています。特に若い人は自らやりたいと思う人は少ないかもしれませんね。介護のイメージとしてあまりいいものが浮かんでこないのは確かかもしれません。しかし、今の日本は少子化が進み、どんどん高齢者が増えていきます。誰かが支えなければ成り立たなくなるのです。

人間は産まれてから誰もが支えられ大人になっていきます。それを育児といいますが介護も同じではないでしょうか。お風呂に一人で入れなくなってしまったり、食事を一人でとれなくなってしまったり。この先、誰もが通ってもおかしくない道なのです。介護というイメージを覆すものは一体なんでしょう。年齢問わず関わり合うことで見えてくることもたくさんあると思います。手を差し伸べるだけで喜んでくれる高齢者はたくさんいます。小さな思いやりで喜んでくれたり、助けられる人たちがたくさんいるのです。介護というものは大変で苦労もするものですが、とても温かみのあるやりがいがある仕事でもあるとおもいます。自宅で介護している方も、時には切羽詰まってしまうこともありますよね。しかし、介護に焦りなど急ぐ必要はありません。ゆっくりでいいのです。相手とのコミニュケーションがとれなくても必ず相手には伝わっています。優しさがあふれるものだとおもいます。

高齢者が増える中、介護をする人たちは減っていき人が足りていないところばかりなのが現状です。資格を取ることも立派ですが資格がないからと諦めないで下さい。資格がなくても働けるところが増えてきています。働きながら資格をとれる職場も増えてきています。みなさんの手助けを待っている方がたくさんいます。

関連サイト

Copyright (C)2017気配りが大切 介護で注意すべきポイント.All rights reserved.